読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放送大学で勉強中

放送大学で頑張って勉強する日記です。

心理カウンセリング序説 第9回 心の構造-意識と無意識

放送大学

今回も大場先生の回。

皆様ご存知のスタンフォード監獄実験についての話。

 ※ご存じない方はWikipediaをご参照ください。

 

このような状況は、特殊な戦争状態だけではなく、

老人施設、障碍者施設、家庭、学校などの閉ざされた世界では、

力のある人と力ない人の間には、同様の危険性がある。

 

福祉職、援助職、教師職にあるひとの中には、

メサイアコンプレックスを持つ人がいる。

他者を助けるという行為の中に、力を持つ快感がある。

 

 大場先生によるとすでに絶版だが、図書館に入っているので、

以下の本をお勧めするとのこと

心理療法の光と影 ― 援助専門家の<力>   ユング心理学選書 2

心理療法の光と影 ― 援助専門家の<力> ユング心理学選書 2