読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放送大学で勉強中

放送大学で頑張って勉強する日記です。

放送大学面接授業の追加登録をしてみた。

今学期、面接授業を3つ申し込んだが、2つ落ちた。

このたび、その面接授業の追加申し込みが始まった。

つまり、授業に当選した人の一部が、授業料を払わなかったので、

空きができたためだ。

 

当然だがほとんどの授業で、追加募集になる人数は数人だ。

この面接授業の追加申し込みは、各学習センターで異なるのだが、

私の希望した学習センターでは、学習センターの窓口まで行って申し込むか

現金書留で郵送で申し込むという2つの方法だった。

 

もちろん、学習センターまで足を運ぶことは困難なので、

現金書留で申し込んでみた。

 

通常の面接授業は、webで簡単に申し込めるのだが、

追加募集は、学習センターに足を運ぶか、

現金書留というかなり最近では珍しいアナログな方式

結構大変だし、お金もかかる。

 

しかし、これはわざと不便にしているのではないかと思った。

つまり、簡単な応募方法にしておくと、

「とりあえず申し込んで、いやになったら簡単にキャンセル」

という行動をとる人がどうしても出てしまう。

 

わざとめんどくさくしておくというのも、

一つの戦略なのかもしれないなと思う。

 

簡単で手軽なほうがイイというのは、

確かに一面ではそうだが、あえて面倒な方式にするのも、気軽な応募者によって、

事務作業の量が、必要以上に増えてしまうことを防ぐよい方法かもしれない。