読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放送大学で勉強中

放送大学で頑張って勉強する日記です。

心理臨床とイメージ 第1回 心的現実とイメージ

小野けい子先生は、いつもすごくおしゃれな服を着ているなあと

感心する。

 

ちかごろはユニクロとかしまむらなどが全盛期の時代に、

かなりお洋服に費用をかけていらっしゃるし、

イヤリングやアクセサリーをきちんとつけている。

 

一応テレビ授業だからという点もあるのかもしれないが、

ほかの先生の放送授業での服装と比較しても、

気合の入り具合がワンランク上である。

たぶん、ふだんからおしゃれな服を必ずきて外出する派だとおもう。

 

さて、この授業では、心理臨床における

イメージを取り上げているのだが、この第1回では、

錯視の絵などがたくさん出てきて、

物理的世界と、人間が目で見て感じている世界に差があることについて

言及している。

 

エッシャーの絵など、いわゆるトリック的絵画も

たくさん紹介されている。

 

後半では、実際の心理臨床における「心的リアリティ」について、

簡単に触れている。

 

小野けい子先生は、本当に語りが柔らかく、

このような話し方をする人は今時珍しいので、感心する。

 

しかも、なぜかわざとらしさがなく、本当にこの先生は育ちがいい

お嬢様なんだなあと感じる。

 

この授業はおもしろそうなので、今後も期待できそうだ。