読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放送大学で勉強中

放送大学で頑張って勉強する日記です。

【読書感想】自己肯定感って、なんやろう? 高垣忠一郎著

大人に向けて書かれた絵本。

本の半分が、個性の強い版画となっている。

 

最近、「自己肯定感」という単語が割と頻繁に

web上で見かけるようになってきているが、

この「自己肯定感」というキーワードを、

説明するのではなく、語り掛けるように表現した一冊。

 

自分を肯定できるところを、

いっぱいもってはる人はええですよ。

たとえていえば「金持ち」みたいなもんですな。

 

「肯定できるところ」がごっつう少ない、

あるいは、「欠点ばかり見つかりまんねん」という人は、

「貧乏」でおまけに借金背負っている人みたいなもんですわ。

そんな「貧乏」な人たちは、ダメや、ということになりますのんか?

 

わたしのいうてる自己肯定感は、まったくちゃいますねん。

わたしの自己肯定感は「金持ち」の味方とちゃいますねん。

「貧乏人」の味方の自己肯定感ですねん。

 

 

著者は、この本の後半で、現代社会の人間が「商品」として

扱われている現状に嘆いているが、

この表現も、関西弁でやわらかく表現されており、

すばらしいとおもう。

 

 

世の中、競争、競争でっさかいに、

勝つために自分を売りださんとあきまへん。

せやさかいに、どうしても「自己愛」的にならんとしょうがない面があります。

せやけど。

そうすると売り物になる「イイところ」が見つからんひとは、「こんなワイはダメやねん」ということになりまんねん。

そういう「自己否定」が生きる意欲をなくさせますやろ。

 

非常に薄い絵本で、文章もやわらかく、

頭のよさそうな先生が書いた感じがないため、

本が苦手というひとにもおすすめできる。

 

自己肯定感って、なんやろう?

自己肯定感って、なんやろう?