読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放送大学で勉強中

放送大学で頑張って勉強する日記です。

心理臨床の基礎 第13回 心理療法5 ―遊戯療法―

放送大学

小林真理子先生による遊戯療法の回。

 

小林先生は、話がやや眠たくなってしまうしゃべり方なのがつらい。

しかし、話している内容は、きちんと整理されており、

よかったとおもう。

 

遊戯療法の具体的考え方や、歴史、また、遊戯療法の形式について

わかりやすくまとめられている。

しかし、内容としては教科書的にまとまっているので、

話を聞いていて面白い感じがないため、

少しつらい感じがある。

 

さて、違う授業の話だが、心理カウンセリング序説の授業の

最後の15回において、森さち子先生が話している内容に、

自分が経験した3歳児の心理臨床のエピソードで、

「先生、僕の夢を見た?」と聞かれて大変返答に困ったエピソードを

話している。

 

この話の中で、森先生は、成人の神経症水準のクライアントに比べて

むしろ、子供とのセラピーのほうがはるかに応用編であり、

難しいと感じるという趣旨の話を述べている。

 

小林真理子先生の話を聞いて、勉強にはなるが、

実際の子供とのセッションの具体例がないので、

おもしろくないとお感じの方は、心理カウンセリング序説

第15回の放送を聞いていただくとよいのではないかと思う。