読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放送大学で勉強中

放送大学で頑張って勉強する日記です。

心理臨床の基礎 第11回 パーソン・センタード・アプローチ

ロジャーズの心理療法についての回。

 

小野けい子先生の回だが、主にゲストのタバタ先生が話しており、

小野けい子先生が聞き手になっている。

 

このタバタ先生は説明が上手ではないので、

残念ながらわかりやすいとはいえない。

小野けい子先生が、頑張ってフォローしている姿がうかがえる。

 

話の内容が、実際の心理療法の技術の話ではなく、

過去のロジャーズの歴史が中心となるので、興味を持てる人と

興味を持てない人がるかもしれない。

 

小野けい子先生は自分はロジャーズの専門家ではないので、

ロジャーズの話は別途専門家を呼ぶべきと判断したのだろうが、

このゲストの先生があまりに話が下手なので、

人選には失敗していると思う。

 

小野けい子先生自身が話したほうがよかったかもしれない。