読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放送大学で勉強中

放送大学で頑張って勉強する日記です。

【読書感想】IQってホントは何なんだ?知能をめぐる神話と真実 村上宣寛著

数年前に流行ったの疑問形のタイトルの本なので、入門的な本なのかなと思うと、

ぜんぜんそうではないたぶん中級者向けの本。

 

IQとはなんなのかという点よりもむしろ、100年間の知能テストの

歴史をまとめた本といったほうが適切かもしれない。

 

著者としては、なるべくわかりやすく書いたつもりなのかもしれないが、

当然のように統計の用語や、心理学の用語「統制群」「実験群」などが、

でてくるので、ある程度心理学の基礎用語は知っていることが前提のようだ。

 

著者は、話の最初では「最近の学生は勉強してない」などといって、

教育者として嘆いているが、中盤から最後までは、どちらかというと

科学者的側面での記述が主流となる。

 

私としては、前半よりも圧倒的に、中盤から後半にかけての、

科学者的記述のほうが、書いてあること自体は難しい内容なのだけど、

読んでいて興味深く感じた。

 

個人的には教育者的側面を出さず、

全体的に、科学者的側面で書いてあったほうが良かったなと思う。 

ただし、知能テストというものが何なのかは、ざっとわかったので、

勉強にはなったとおもう。

 

IQってホントは何なんだ?

IQってホントは何なんだ?